I-Play Fes いわき演劇まつり

I-Play Fes 2014 ~演劇からの復興~ いわき演劇まつり


I-Play Fes 2014
~演劇からの復興~ いわき演劇まつり


2014年3月20日(木)~3月22日(土)

いわき芸術文化交流館アリオス/MUSIC & Bar Queen/
アートスタジオ もりたか屋/La Stanza(ラ・スタンツァ)



この度、昨年に引き続き、I-Play Fes2014を開催することとなりました。
あの震災からもうすぐ3年。いわきは道路の凹みが少しだけ修まり、危険構造物に指定された建物がようやく取り壊され、
更地になった場所にどんどんアパートが建てられています。あちこちにある仮設住宅の利用期間も延長されました。
このいわきにずっと住んでいた人。避難して外から入ってきた人。復興の仕事で外から入ってきた人。
いわきから元の家に帰れた人。帰りたくても帰れない人。帰らないことを選んだ人。
様々な思いを抱えたこの街、いわきで開催するI-Play Fes 2014のテーマは文化芸術によるコミュニティの再生です。
フェスティバルでは、青年団、マームとジプシーの上演やコミュニティデザインについての講義やシンポジウムを開催。
さらに、審査委員長に平田オリザ氏を迎え、いわき・福島で活動する劇団による短編演劇コンペティション「劇王っぽいの」を
昨年に引き続き開催します。
そのほか、トーク&ライブ『わが星夜話』やいわき総合高校の上演など、この3年を振り返ると共に、
企画運営に中高生ディレクターズを迎え、いわきの未来の担い手を育成していく活動も行います。
芸術文化による復興への歩み、2歩目にお立ちあいいただければ幸いです。
みなさまのご来場を心からお待ち申し上げております。
2014年1月吉日  I-Play Fes実行委員会


詳細は以下の各項目をクリックしてください。

■いわきアリオスでのプログラム   ■その他会場でのプログラム  ■スケジュール・チケット

■会場  ■寄付金ご協力のお願い  ★中高生ディレクターズ


【プログラム】
青年団
 アンドロイド演劇 『さようなら』(青年団+大阪大学ロボット演劇プロジェクト)
 作・演出:平田オリザ アンドロイド開発:石黒浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究室)
 『銀河鉄道の夜』原作:宮沢賢治 作・演出:平田オリザ
マームとジプシー
 『Rと無重力のうねりで』 作・演出:藤田貴大
いわき総合高校演劇部
 『あひる月13』 原案:いわき総合高校演劇部 脚本・構成・演出:いしいみちこ
短編演劇コンペティション「劇王っぽいの」
トーク&ライブ
 『わが星夜話』 出演:三浦康嗣(□□□) 村田シゲ(□□□) 他
マームとジプシー 一人芝居
 『まえのひ』他 テキスト:川上未映子 演出:藤田貴大

講義
 「コミュニティデザインを学ぶ」 
 講師:中村陽一(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)
シンポジウム
 「コミュニティデザインという考え方」
 パネリスト:中村陽一 平田オリザ

★中高生ディレクターズ
 講師:野村政之

お問い合わせ:I-Play Fes実行委員会 iplayfes@yahoo.co.jp(メール送信時に「@」を半角に変換してください。)
Twitter:@ iplayfes
Facebook:iplayfes
# by mcmckokoro | 2014-04-01 00:00 | I-Play Fes

■スケジュール・チケット

[日程]2014年3月20日(木)~3月22日(土)

[タイムスケジュール]

=中高生優先観劇ステージです。一部一般のお客様にも販売いたしますがお席に限りがございます。開演前・終演後に、中高生限定の解説およびワークショップを予定しておりますが、一般のお客様はご参加いただけませんので、何卒ご了承ください。

*受付開始は開演の40 分前、開場は開演の20 分前です。
*開演5 分前を過ぎますとご予約がキャンセルになる場合がございます。
*未就学児のご入場はお断りしております。
*シンポジウム、『わが星夜話』につきましては、終了時刻が22:00を超える可能性があるため、18歳未満の方のご入場はご遠慮ください。


[チケット料金]
前売・予約・当日共(日時指定・全席自由席)
青年団『さようなら』…1,000円
青年団『銀河鉄道の夜』…2,000円
マームとジプシー『Rと無重力のうねりで』…2,000円

予約・当日共
「劇王っぽいのⅡ」…500円
いわき総合演劇部…無料(要予約)
マームとジプシー 一人芝居…1,000円
中村陽一 講義…500円
シンポジウム…500円
『わが星夜話』…1,000円(ドリンク別・要1オーダー)

♥高校生以下・・・全演目無料(要予約)

[チケット発売日]
2014年2月1日(土)

[チケット取り扱い]
アリオスチケットセンター 0246-22-5800(10:00~20:00 毎週火曜定休)
*いわきアリオス小劇場で上演の演目は、ご予約後から1週間以内に劇場にてチケットをお引き取りください。(3月13日以降のお申し込みは、当日受付でのご精算が可能です)
*その他のプログラムはご予約のうえ、当日受付にてご精算ください。


I-Play Fes

*火曜日はいわきアリオス休館日のため、フェスティバルでのオンライン予約を再開いたしました。

*各プログラムをクリックしてください。
青年団『さようなら』   ■青年団『銀河鉄道の夜』   ■マームとジプシー『Rと無重力のうねりで』
「劇王っぽいのⅡ」    □いわき総合高校演劇部*ご予約受付は終了いたしました。
マームとジプシー 一人芝居  ★『わが星夜話』   ◎中村陽一 講義   ◎シンポジウム*フェスティバルでのお取り扱いは終了いたしました。

*予約完了の自動返信メールが届かないという問い合わせが多数来ております。
予め迷惑メールフィルタの設定などをご確認の上、お申し込みください。

*チケットは当日受付でのご精算・お渡しとなります。
*万が一ご予約時に自動返信メールが届かなかった場合は、I-Play Fesまでメールにてご連絡ください。


お問い合わせ:I-Play Fes実行委員会 iplayfes@yahoo.co.jp

※いわきアリオス周辺の宿泊施設は、ご予約が取りづらくなっているため、お泊りでお越しのお客様はお早めのご手配をお勧めいたします。

# by mcmckokoro | 2014-03-17 20:51

中高生ディレクターズのホームページができました!

I-Play fes2014の大切な担い手である中高生ディレクターズ。
その専用のホームページが出来ました!

最初の記事は講師の野村政之さんが書いて下さいました。
第1回ワークショップの様子や、
東京に住む野村さんから見たいわきのことなども書かれています。

今後は中高生たちも記事をどんどんアップして、
フェスティバルの情報を発信していきます。

中高生たちのがんばりを、ぜひ、このページで見て下さい!


中高生ディレクターズHP→
http://ipfesyouth.exblog.jp/21998727/



# by mcmckokoro | 2014-02-05 20:14 | 中高生ディレクターズ

ご寄付ありがとうございます!

遅れていたクラウドファウンディングによる寄付募集が、昨日ようやく始まりました。
今年も motion-gallery にてご寄付をお願いすることになりました。

寄付のページが立ち上がってすぐに、早速のご寄付をいただきました。
ご支援、本当にありがとうございます。

良いフェスティバルになるよう、
そして、いわきになくてはならないフェスティバルにできるよう、頑張ります。


ご寄付いただいた皆様
釣巻敏康 様
藤田裕輝 様
Ryouhei Yamaguchi 様
Sasaki Chikako 様
Soichi Yamada 様

# by mcmckokoro | 2014-02-05 10:08 | I-Play Fes

第1回中高生ディレクターズWSが開催されました。



第1回中高生ディレクターズWSが開催されました。

2014年1月26日13:00~、いわき市中央公民館の会議室で第1回のWSが行われました。

東京から野村政之さんをお迎えし、中学生3名、高校生9名が集まりました。

まずは顔合わせのために円になって自己紹介。
初対面ということでみんなとても緊張していました~。

でも、それぞれの「今イチ推しのもの」を紹介して行くウチにどんどんうち解けて行きました。
若いっていいね!(^_^;)

その後、実行委員会代表のいしい先生から、
フェスティバルの創立の経緯やコンセプトについて話してもらい、
それを受けてディレクターズが記者になって「なんちゃって記者会見」をしました。

記者会見後、今度は自分がフェスティバルを他の人に伝えるためのペーパーを作成。
講師の野村さんからは、「さっき自分のイチ推しをみんなに伝えたように、熱く伝えて下さい」
というアドバイスがありました。

みんなが熱心にペーパーと格闘しているところで、時間切れ~。

ペーパーは次回までの宿題となりました。


参加メンバーの感想はフェスのTwitterの方にアップしますので、見ていただければと思います。
https://twitter.com/iplayfes

参加してくれた中高生のみんなは、いわきの復興のために何かしたい、という意欲にあふれていました。

そのまっすぐな目を見て、大人は本当に頑張らなければいけないな、と、あらためて思いました。


福島の子供たちは「原子力災害」というたいへんなことを経験したけれど、
それがあったからこそ手に入れられた大切なものがある。

そう子供たちが胸を張って言えるようになるよう、大人、頑張ります。






# by mcmckokoro | 2014-01-29 10:14 | I-Play Fes

< 前のページ

次のページ >