I-Play Fes いわき演劇まつり

カテゴリ:劇王っぽいの( 2 )

「劇王っぽいの」参加劇団を一挙紹介!

「劇王っぽいの」
    参加劇団一挙紹介!



いろんな準備に追われてたら、もう12月も半ばに突入しましたw。

もうすぐチラシができあがります(ワクワク)。
アリオスペーパーにもフェスティバルの特集が掲載されます(ワクワク)。
シアターガイドの2月号にも掲載の予定です(ワクワクワク)。

掲載されたらこのサイトで紹介したいです。
(仕方がイマイチわからないので研究中)


さて、今日は短編演劇コンペティション「劇王っぽいの」参加劇団&作品を一挙紹介です!


球 (いわき市) 『新盆』
  作/藤原千鶴 演出/萩原宏紀 出演/大井川皐月 鈴木琴乃 渡辺晃史

  2012年11月、「劇王っぽいの」に参戦するために急遽結成。
 球は地球のきゅう。急遽のきゅう。休日のきゅう。吸収のきゅう。究極のきゅう。求心のきゅう。求人のきゅう。
 キュートのきゅう。そして数字の9。終わりの数字。そこからはじめる新しい何か。  
 過ぎ去りし母に。まだ見ぬ子供達に。



捨組(福島市) 『あの場所、ふたり、あまやどり』
  

 作・演出/ステカセ 出演/鳥居裕美 宍戸美佳子 ヤマダシノブ(劇団bliss)

  2005年結成。以来プロデュースユニットとして6本のオリジナル作品を発表。シニカルかつアイロニカルな 切り口で、ある一定のシチュエーションにおける群像劇を中腰な感じで打ち出す。



演劇集団黒ヒゲキャラバン(いわき市)
             『Walking in the rhythm』 

 作・演出/阿部嘉明  出演/古山絵理 岡 千秋

  2004年にいわき明星大学OB達が中心となって旗揚げ。
 自主公演以外にも様々なイベントに積極的に参加し、演劇を多角的に考える場を提供し続けている。



満塁鳥王一座 (福島市) 『回りながら登れ』(仮)
 作・演出/大信ペリカン 出演/西山みゆき 他

  1996年旗揚げ。野外テントを出発点にアングラ→現代口語→対話を廃したモノローグ演劇と「近代演劇」 からの脱却あるいは批判をテーマに今ここにあるべき演劇の姿を模索しつつも、未だに定まった形を見つけ られない迷い鳥集団。代表作に、東日本大震災及び原発事故による福島の不安を描いた『キル兄にゃとU 子さん』など。


「劇王っぽいの」とは?!

短編演劇コンペティション「劇王っぽいの」はコンペですから、
覇権を競っていただいて「ぽいの王」を勝ち取っていただかねばなりません。

参加ルールは・・・、 
20分以内の上演、登場人物3人以内、舞台美術・照明・音響、全て簡易なもののみ、この4つだけ。

その覇権は観ていただいたお客さまの投票と、
審査委員長 柴 幸男 (本家第Ⅳ代劇王) の投票によって勝ち得ることができます。

お客さまの投票への参加条件は、全作品を観ること。

いわきの地で行われる熾烈な覇権争いのジャッジに、皆様奮ってご参加下さい!
[PR]
by mcmckokoro | 2012-12-10 11:26 | 劇王っぽいの

【劇王っぽいの】応募要項

いわきの演劇を元気に!

とりあえず、まずは短編から!



2011年3月の東日本大震災から約1年半が経ちました。


この間、様々なアーティストがいわきを訪れ、芸術の復興を支援して下さいました。

いわきの演劇に携わる私たちは、その支援にどう応えることができるのでしょう。

いわきを取り巻く現実はまだまだ厳しいですが、今だからこそできることがあるように思います。



「劇王っぽいの」は「I-Play Fes(いわき演劇まつり)」期間中に開催される短編演劇コンペティションです。


このイベントがいわきの演劇活性化の契機になればと考えています。


いわき市を中心に、福島県内で活動する演劇団体の応募を期待しています。



応募についての詳細は以下のURLから、

応募要項と応募用紙がダウンロードできます。


http://firestorage.jp/download/dbb1cad2f7deb685cd2df87fb9e147fa24cedbb3


応募を心からお待ちしております。
[PR]
by mcmckokoro | 2012-10-04 14:27 | 劇王っぽいの